読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなかな

~陽だまりのなかで~

ハゲの人ほど明るいと思うんです

かなた 雑記

f:id:hidamarinonakade:20150708193358j:plain

はじめに

皆様お久しぶりです!
かなたです。
退院後しばらく休養を余儀なくされ、これだけ遅くなっていまいました。
手術はおそらく無事成功(?)し、3ヶ月後最終判断ということでした♪


退院してからこれまで家庭崩壊の危機を迎えドタバタしておりました(汗)
世の男性諸君!!奥様は大事にしましょう!!
本当「後悔先に立たず」です。
そして、私は先週腰も立たなくなってしまいました(笑)
俗にいうぎっくり腰というやつです。
現在治療しつつ仕事に復帰しております。
皆様もお体にはお気をつけくださいっ!!

職場にて

若ハゲ

最初に一言言わせてもらいたい。
私はどちらかと言えばハゲだ。
いや、若ハゲといったほうがいいかもしれない・・・。
そもそもいつまで若ハゲといえるのかは非常に疑問が残るが。
少なくとも他の方々よりはデコが広い。
今の職場に入ってからハゲをやたらといじられるようになった。
当初は嫌な気分であったが、今では自分からネタにするほど。
「俺も少しは前向きになってこれたんじゃね?」なーんて考えていたある日の出来事だ。

一枚どころか二枚、三枚上手の先輩

私はいつものように事務所で会話をしていた。
例のごとく「デコが広い」だのとの言葉が飛んでくる。
それに対して「こころとデコは比例しているんですよ!」と切り返す私
まずまずの返しができたんじゃない?などと少し上機嫌になっていた時それは起こった。

先輩A「そういえば最近へんな坊主してる奴が多いな。」

先輩B「たしかに最近横だけ刈り上げてる奴が増えましたね。」

上手の先輩「あーいう人達はなんであんな髪してるんでしょうね?」
先輩A「上手の先輩はそれはどうやって切っとるとや?」
(上手の先輩は頭頂部がハゲて周りだけ毛が生えた感じの人)

先輩B「坊主とかじゃないですか?」

上手の先輩「いやいや、坊主じゃなかよ。」

先輩B「え、違うんですか?

先輩A「それで坊主て頼むんか(笑)」

上手の先輩「いやいや、だから坊主じゃありませんて。」

先輩A「じゃあなんや?」

上手の先輩「スポーツ刈りです!!」

先輩A「(爆笑)それのどこがや。」

上手の先輩「いやいや横の感じでスポーツ刈りですよ。いつもスポーツ刈りでって頼むんですよ。」

先輩A「それでや?(爆笑)」

これを聞いていて私は思いました。
「この人は神だ」と!!
「ここに神がいる!!髪はないけど!!」と!!
私はまだまだだなと本気で反省したのでした。

果たしてこれはパワハラ?

私の職場ではこういうことが日常茶飯事です。
世間ではこれをパワハラだとかモラハラだなどというかもしれません。
しかし本人たちが楽しんでいるのであればそれでいいのでは?などと考えてしまいます。
皆さんはどう思われますか??
私はアリだと思います!
だってみんな楽しんでいるわけですから♪

おわりに

私は自分の短所をネタにしつつも、治療を行っております。
少しずつ昔の状態に戻りつつあります。が、ネタにできなくなるのは少しさみしいなぁ・・・というのもあります。
やはりハゲネタは相手にとってもこちらにとっても旨味のあるネタだと思います。
こう思えるハゲが増えればみんな明るく前向きに歩んでいけると思います。
私と一緒に前向きに頑張りましょう♪
中身の無い記事でごめんなさいっ!(笑)
次はもうちょっと中身のあるネタをかければと思います。
リハビリ期間・・・ということで大目に見てくださいね^^

ぼくらはみんなハゲている

ぼくらはみんなハゲている