ひなかな

~陽だまりのなかで~

出産と妊娠と不安と

はじめに

みなさんこんにちわかなたです。

いかがお過ごしでしょうか?

最近はもっぱらプログラミングで潰れている私です。

今日は子供についてお話ししてみます。

 

出産予定日

私の妹の話です。

現在妊娠していまして、出産予定日を過ぎ他にも関わらず未だに生まれてきません。

ひなたの時は予定日よりも早く生まれたものだから、妹は早く生まれてきてほしいと熱望しております。

 

そんな妹が一昨日産婦人科に行った際に先生からこう言われたそうです。

「来週月曜までに生まれなかったら促進剤を使いましょう。」

妹は、「え?無理やり産ませるってこと?」と戸惑っておりました。

二回流産してしまっている経験もあって、ようやく望んだ子供と出会えるというのに、薬を使って陣痛を促進させることに抵抗があるようでした。

まぁ、私は気楽なもので「3月6日に生まれてくるよ!」なんてことをふざけて言っています。

 

何か確信を得られるようなものがあるのか?と聞かれれば、ただ単に私の誕生日だからというだけです。←

うちの娘が生まれた日が10月8日で、妹夫婦の記念日であるとともにひなたの誕生日5月4日の倍数だったことから適当にそう思いたいだけなのです(笑)

しかし、三度目の妊娠でようやくここまで大きくなったのですから子供の生命力を信じて大人しく、大人は受け入れ態勢を万全にしておくことが必要だと思うのです。

特に妹の場合妊婦であり母親ですから、あまり心配しすぎると胎児に伝わると思うのですよ。

 

私の考えすぎかもしれませんが、母親の心境、不安などは胎児に全て筒抜けだと思うわけです。

真意のほどは胎児のみぞ知る…。

でも胎児にクラシックとか聞かせるといいとも言いますし、あながち間違いではないかもしれませんね?

とりあえず今は早く生まれてきてくれることを祈りましょう♪

 

 

我が子の成長

うちには娘が1人とひなたのお腹の中に小さな命が1人(?)

以前記事にした神秘の子ってやつですね。

その子が今少し問題でして…問題というのは語弊があるかもしれませんが、袋が大きくならずに平均よりもかなり小さいらしいのです。

二週間後また検診に来てくださいとの話だったのですが、それまでの間にもしかしたら流産するかもしれないと。

ひなたは最近それで不安がっており泣いてしまうことも…。

私としては、「俺たちの子供なんだから大丈夫!」と励ますことしかできず…。

以前記事で書いていたあの夢の米粒の意味が少し変わってきたように思います。

また夢で米粒からでかくなる夢を見たら少し安心できるのですが(笑)

今は子供の生命力を信じるしかありませんね(^^;;

 

 

おわりに

娘を見ていると、妊娠中の事を忘れがちになりますがいつも不安が付きまとっていたように思います。

今こうして不安になっていることも、また来年の今頃はころっと忘れて笑顔で過ごしている…かな?(笑)

まぁ、私にできることはひなたのフォローだけですが…。

 

胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))

胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))

 

 

 

胎児はみんな天才だ―最新の胎内教育 “子宮対話”の驚異 (ノン・ブック)

胎児はみんな天才だ―最新の胎内教育 “子宮対話”の驚異 (ノン・ブック)