ひなかな

~陽だまりのなかで~

仙台の星!羽生結弦選手のずば抜けた技術を動画で振り返る

f:id:hidamarinonakade:20140217220928j:plain

はじめに

みなさんオリンピック見ていますか!?

私は仕事の都合上夜は遅くまで起きていられないのでニュースなどで見ています!

私が一番すごいと思ったのは羽生結弦選手でした!!

 

羽生結弦選手の強さ

金メダルを取った羽生結弦選手

被災地仙台という名前を背負っての出場でしたね。

 

「仙台の星になりたい」

 

それが彼の夢であり、希望でした。

それが無事叶ったのです!

 

被災当時彼はこんな風に思っていたそうです。

「僕は僕なのになんで仙台という大きなものを背負わなければならないんだろう」

・・・と。

 

仙台を思うがあまり自分が潰れてしまいそうだったのですね。

しかし、ある日お店で買い物をするときに店主にこんな主旨のことを羽生選手に言っていました。

「自分の事だけ考えて頑張ったらいい。」

「自分の事だけ頑張ってれば仙台はそれで勝手に盛り上がるんだから。」

羽生選手はその言葉で頑張ることが出来たようです。

 

 

この技術がすごい!

よくニュースではジャンプが・・・

ステップが・・・等得点につながる技術のお話ばかりしていますよね。

 

私はこんなところはどうでもいいのです。

というのは語弊がありますが、私がすごいと思ったのは体の柔軟さでした。

スケーターってみんな体が柔らかいですけど、羽生選手の柔らかさはまた別次元な気がするのです。

 

なんというか本当に引き込まれる演技をするのです。

それに加えて初めてステップ、ジャンプが付いてきて演技がまとまるのですよね。

 

とにかく滑ってる姿がカッコいいというか、魅せられます。

この技術はほかの選手では見たことないなぁ・・・。

やっぱり背負っているものの大きさが違うのかもしれません。

 

 

まとめ

  • 羽生結弦選手の底力は地元を思う心から生まれる
  • ジャンプやステップの技術はさることながら、魅せる技術がずば抜けている

 

 

さいごに

はじめて羽生結弦選手を見たときは失礼ながら、なよなよした感じの子だな・・・と思いました。

年齢も年齢ですし大丈夫かな・・・と。

 

しかし内に秘めた強さが彼を男に変えましたね。

演技中の彼はまさに男そのものでした。

最後に羽生結弦選手の素晴らしい演技を今一度どうぞ!!

フィギュア・スケート・ベスト2013

フィギュア・スケート・ベスト2013

  • アーティスト: オムニバス(クラシック),パヴァロッティ(ルチアーノ),セルシェル(イョラン),ボストン・ポップス・オーケストラ,ボストン交響楽団,ロンドン・フェスティヴァル・オーケストラ,マントヴァーニ&ヒズ・オーケストラ,サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団,プレヴィン(アンドレ),ロンドン・フェスティバル・オーケストラ,チョン・キョン・ファ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2013/01/16
  • メディア: CD
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る